【Lisket】レポートを活用して動画広告の成果向上に繋げよう

動画広告の配信を行っていて、『成果を向上するには具体的にどうしたらいいの?』『そもそもどの数値を追っていけばいいかわからない』といった悩みをお持ちの方もいると思います!

今回は初心者の方でも簡単に取り組める動画広告の目標別改善策をご紹介いたします。

動画広告の配信目的と施策ポイント

動画広告は、Youtubeで動画を探しているor見ているユーザーに対してアプローチすることができます。商材やサービスに興味を持ってそうな人やそもそも知らないユーザーに広告表示します。そのためYoutube上で広告主様の商品やサービスを見てもらったり、知ってもらうことを目的として配信を行う事が多いです。

この目的を果たすための具体的な目標としては下記2つの方法があります。

  1. 視聴回数を増やす
  2. 視聴率を上げる

それぞれについて説明していきます。

視聴回数を増やす

広告の視聴回数を増やす、つまりユーザーに広告を見てもらう回数を増やしていきます。認知拡大をしたいので多くの人に広告を見てもらうことで商材やサービスを見て知ってもらえる人数は増えます。

視聴回数を増やすには1回あたりの視聴にかかる料金を下げることで全体の視聴回数を増やすことができます!広告費が10,000円だったとすると、1視聴あたり10円よりも1視聴あたり1円の方がたくさんクリックを獲得することができます。

視聴単価を減らすには広告グループの入札を下げるかターゲティングを広げることで視聴単価を下げるのがおすすめです。

広告グループレポートを活用しよう

視聴単価を確認するには、「Youtube広告」のレポートフォーマット内にご用意している広告グループレポートを活用しましょう!

レポートを確認して、視聴単価の高い広告グループの入札を下げるかターゲティングを広げましょう。視聴単価の低い広告グループに予算を回すことができれば、全体的な視聴単価の抑制につながり、視聴回数を増やすことができます。

視聴率を上げる

動画を表示してもユーザーにすぐスキップされてたら認知拡大できたとは言いません。動画をよく見てもらうことを目指します。視聴率を上げるには動画の質を上げれば視聴率を上げることができます!

広告レポートを活用しよう

ユーザーの反応が良い動画を確認するには、「Youtube広告」のレポートフォーマット内にご用意している広告レポートを活用しましょう!

レポートを確認して、視聴率が高くクリックもされている広告があれば、似たような動画に変更したり追加をしましょう!そうするとユーザーにとって良い広告を配信できるので動画を見てもらってサイト訪問やコンバージョンまで促せます!オシャレな動画であれば良いわけではなく、何を伝えたいかユーザー目線に立って考えるのが大事です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?このようにLisketのレポートを活用すれば目標達成のために何をしたらいいのか簡単に改善策を考えることができます!是非今後の運用やご報告の際にお役立てください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
レポートだけじゃない! Lisketおすすめ活用術

サポートページで解決できない場合

お問い合わせ

Lisketではお電話でのご相談も受付しております。0120-977-404 (受付時間 平日 10:00-17:00)。